前のページ
一覧へ
次のページ

月のリズムとアロマ「2020年2月うお座新月の香り・Reborn」

2020年02月10日 22:30

【月のリズムとアロマについて】

大人になって感じるのは、1年、1か月、1日が終わるのがとても早いこと。

毎日繰り返される「やるべきこと」に対応するのでいっぱいいっぱいで、
いつの間にか過ぎてしまう1年、1か月、1日を、もう少し丁寧に生きたい。
そう思っていました。

そこで、アトリエCOCOは、
新月や満月の周期である「月のリズム」と自然の恵みアロマで暮らす生活を提案します。


まずは、新月の日に願い事をします。
例えば、
「今月は新しい環境に飛び込むのを恐れず、チャレンジを楽しむ勇気をください」
とお願いするとします。


朝起きてカーテンを開けた時にアロマスプレーをワンプッシュ
夜帰ってきてぬいだコートにアロマスプレーをワンプッシュ

など、気持ちをサポートしてくれるアロマスプレーを毎朝毎晩使ってみてください。


「ひと月」のなかの1日1日は、同じ日ではありません。
あなたの貴重な今日1日があなたが望むように豊かでありますように。。。


新月は新たな月のサイクルが始まる日と言われています。
昔からこの日にスタートしたことはスムーズに進行すると考えられていました。
キーワード:「成長」「吸収」

新月にしたいこと
・新しいことを始める
・願い事をすると叶いやすい


反対に、徐々に満ちてきた月が完全な姿を現した時が「満月」ですね。
またこの日を境に月は少しずつかけ始めます。
キーワード:「成就」「収穫」「デトックス」

満月に始したいこと
・手にしている幸せ、成果に感謝する
・今抱えている不要なものを解放する


【今月のアロマスプレーについて】
今月から毎月製作させていただく、「ツキノリズム」アロマスプレーシリーズは、
毎月新月前1週間前までに販売開始します。


2020年2月うお座新月の香りのテーマは「Reborn」です。


2020年2月うお座新月の日である2月24日は、
二十四節気では「雨水」という、
寒さがゆるみ、雪がとけ、眠っていた動物・植物が目覚める季節です。


トーヴェ・ヤンソン作「ムーミン谷の冬」にはこんな一説があります。
初めて冬眠中に起きてしまったムーミンが、初めて春が来たことを目にするのですが、


彼は考えていたのです
春というものは、よそよそしい、いじのわるい世界から、自分をすくいだしてくれるものだと。
ところが、いまそこにきているのは、彼が自分で手にいれて、自分のものにしたあたらしい経験の、
ごく自然なつづきだったではありませんか。


ムーミンが考えていたように、私も辛く寂しい「冬」の時に、
何もかもをHAPPYにふき飛ばしてくれる「春」が来ないかなーと思っていました。
まだ寒くて着れないうちからパステルカラーの洋服なんか買って、勝手にHAPPYになったり。

けれども、現実では、ムーミンの言うように、春は「冬の自然なつづき」で、
それまでの自分を許し、解放し、その先に見つけた「新しい自分」へと生まれ変わっていくことが
「春」なのかではないかと思いました。

このうお座新月からの1か月は、
「過去の自分を癒し、解放し、新しい自分へと生まれ変わる!」
そんな期間にしませんか。


【「Reborn」の香りについて】
トップノートは、
雪どけの山の中、一番先に淡い黄色い花を咲かせるアオモジ(リツエアクベバ)と
未知の可能性へ背中を押してくれるレモン。

ミドルノートには、
氷がとけたしずくでぬれた若々しい新芽をイメージしたバイオレットリーフと
生まれ変わって自信あふれるジャスミンを。

ベースノートは、
雪がとけてみえた地面や木々をカタフライとひのきで、
まだ冷たく透明感ある雪どけの空気をフランキンセンスで表現しました。

天然香料(エッセンシャルオイル)約5%のアロマフレグランススプレーです。
ファブリックや空間にお使いください。

⇒ご購入はこちらのオンラインショップから【数量限定】





前のページ
記事はありません
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)